お湯シャンデビュー

Posted by aakireini - 12月 20th, 2014

お水にこだわった美容院にお世話になったのがきっかけでした。シャンプーなしの水洗いを試しにしてくださったところ、汚れがとれたり次の日の髪がパサつきなしでした。

そこでお肌のことも伺い、人間の持っている本来の力で保湿したり余分なものを排出したりできるとのことでした。

人工的に油を取り、また人工的に油をつけるという作業に美容業界としてのわだかまりも感じておられました。

私は普段、髪の毛は昔からパサつきがちでトリートメントをすればサラサラにはなるけれど潤いはイマイチでWAXつければ朝のうちは艶が出ても夕方には逆にベタっとなり、かゆみもよく出ていました。シャンプーのせいもあるかと思い美容院で売っているような値段もある程度するものを使っていました。

最近はモデルさんもお湯シャンが流行っているともそこの美容師さんに伺い、一度試してみることにしました。
お風呂に入る前によく、くしで髪をとき汚れなどを落とします。シャワーで5分以上は頭皮をよくマッサージしながらよくゆすぎます。

ちなみにお湯シャンは、既に湯シャンを数か月やっている方の日記を見て勉強しています。
● 化粧品の口コミなら美人研究所
 
こちらの「湯シャン」カテゴリー内を見てくしの通し方や洗い方をマスターしました!

くしを通さずにお湯シャンを続けると、水の塩素のせいもあるかと思いますが髪が硬くなる気がします。くしを使い出すとトリートメントも必要ないほどに程よい潤いがでます。別の美容師さんからは塩素が入っている水ならば失われていくばかりなので、1週間にくらいはシャンプーやトリートメントを使って欲しいと言われました。

またWAXなどを使っておられる方は軽く泡立てたシャンプーを毛先を荒い、頭皮はお湯のみもいいみたいです。

また夏などは汗をかいた頭皮をよく洗わないとカビが生えてしまうとのことでした。

そのようなこともあり、1週間に一度くらいはシャンプーを使ってみましたが、1ヶ月くらいシャンプーを使っていない時と比べるとやはりかゆみが出る頻度が多くなりました。私の場合はシャンプーで油を取りすぎてしまうゆえにかゆみが出ていたのかなと思います。

かゆみは無いし、髪の艶がすごく良いし私にはぴったりのヘアケア法です。

Comments are closed.

Blog Home